このアイテムのアクセス数:1412018-11-17 03:15 集計


   

ファイル フォーマット サイズ 閲覧回数 説明
13yamawaki pdf  820. KB  330

基本情報

タイトル グローカル公共哲学の意義、役割、射程
タイトルの別表記 The Idea and Scope of Glocal Public Philosophy
作成者 山脇, 直司  研究者リゾルバ
作成者ID 1000030158323
作成者の別表記 YAMAWAKI, Naoshi  研究者リゾルバ
キーワード等 公共哲学
グローカル
多次元的・応答的・生成的「自己ー他者ー公共世界」理解
公共的な正と負の価値
WA,UBUNTU,仁愛・慈悲
内容 [はじめに] 2016年11月8日に、山脇直司氏をお招きして千葉大学公共学会講演会を開催した。来年度(2017 年度)より千葉大学では「人文公共学府」としての改組が行われ、さらなる公共学、公共研究の発展を進めていきたいと考える中、12 年ぶりに山脇先生に千葉大学にお越しいただき、「グローカル公共哲学の意義、役割、射程」というタイトルでお話いただいた。
ハンドルURL http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/103391/
フルテキストへのリンク http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/103391/13yamawaki.pdf
公開者 千葉大学公共学会
公開者の別表記 Chiba University. Association for Studies on Public Affairs
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1881-4859
NCID AA12002541
掲載誌名 公共研究 = Journal on public affairs
13
1
開始ページ 3
終了ページ 19
刊行年月 2017-03-31
selfDOI 10.20776/S18814859-13-1-P3
著者版フラグ publisher
カテゴリ 公共研究