このアイテムのアクセス数:1692018-11-17 03:55 集計


   

ファイル フォーマット サイズ 閲覧回数 説明
14sugino-tashiro pdf  5.46 MB  220

基本情報

タイトル コミュニティーレベルの幸福度を考える : ブータンの事例から
タイトルの別表記 Community-level Happiness : The case of Bhutan
作成者 杉野, 正美
田代, 佑妃
作成者の別表記 SUGINO, Masami
TASHIRO, Yuki
キーワード等 コミュニティ
GNH
ブータン
仏教
ソシオン理論
内容 [要旨] 2009年にブータン王国(以下「ブータン」)を訪問し執筆された「豊かさの経済を求めて:ブータン王国に思うこと」(青木ら、2009)から8年、ブータンの「国民総幸福量(Gross National Happiness、GNH)」は、どのように変化したのか、Modernization(近代化)の影響は人々の暮らしにどういった影響をもたらし、どのように対応しているのか。その後を調査すべく2017年8月8日~8月11日までブータンを訪問・滞在した。インターネットやテレビなどの普及により(近代化の影響)消費主義の傾向が都市部(とりわけ若者の間)では見受けられるようになってはいるが、ブータン政府はGNHの概念を元に、国としての対応策を練り問題解決すべく取り組んでいる。何年経とうとも、仏教の教えが彼らの生活の根本にあるのは変わらないのであろう。だが、今後10年・20年経ち、世代交代の波が押し寄せても、GNHの4つの柱のバランスは現代のように保たれていくのか、それとも、物質主義による経済発展にのみ収れんしていくのか、今後のブータンとその人々を取り巻く環境を注視していく必要があろう。
ハンドルURL http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/105043/
フルテキストへのリンク http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/105043/14sugino-tashiro.pdf
公開者 千葉大学公共学会
公開者の別表記 Chiba University. Association for Studies on Public Affairs
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1881-4859
NCID AA12002541
掲載誌名 公共研究 = Journal on public affairs
14
1
開始ページ 177
終了ページ 197
刊行年月 2018-03-31
selfDOI 10.20776/S18814859-14-1-P177
著者版フラグ publisher
カテゴリ 公共研究