このアイテムのアクセス数:802020-09-28 05:52 集計


   

ファイル フォーマット サイズ ダウンロード回数 説明
13482084_56_420 pdf  432. KB  184

基本情報

タイトル 紀州藩石場預役と漁業社会
タイトルの別表記 The Manager of the Quarry in the Kisyu Clan and the Fishery Society in the Early Modern
作成者 後藤, 雅知
作成者の別表記 Goto, Masatoshi
キーワード等 紀州藩
the Kisyu Clan
伊豆
Izu Province
漁村
Fishery Society
近世
Early Modern
内容 天保期に紀州藩は、寒天製作国産化の一環として、豆州白浜村や稲取村における天草集荷の請負を入札によって獲得したが、この請負の全般を担当したのが豆州戸田村名主の勝呂弥三兵衛であった。本稿は、この勝呂家が、紀州藩とどのような関係にあり、また天保期に、紀州藩のもとで天草集荷以外にどのような活動を展開したのか、検討したものである。検討の結果、勝呂家は、寛永期に紀州藩が江戸城に運ぶ城石を戸田村で切り出したときの石場預役となり、その後輸送船であった藩船を下付されたとの由緒を持ったこと、この由緒は文政五年に戸田村が沼津藩領に替わって以降、勝呂家によって強く自覚され、特に天保期には江戸藩邸への石献納が活発化したこと、こうした由緒を論拠に、勝呂家は村内漁民を水主として編成する擬制的な船主-水主関係を維持できたこと、また嘉永六年の村との争論で浜方分一運上請負の継続を勝ち取ったこと、などを明らかにした。
ハンドルURL https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900066927/
フルテキストへのリンク https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900066927/13482084_56_420.pdf
公開者 千葉大学教育学部
公開者の別表記 Chiba University. the Faculty of Education
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌名 千葉大学教育学部研究紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
56
開始ページ 412
終了ページ 420
刊行年月 2008-03
著者版フラグ publisher
カテゴリ 教育学部研究紀要