このアイテムのアクセス数:2502018-12-18 00:18 集計


   

ファイル フォーマット サイズ 閲覧回数 説明
2011no.23_76_97 pdf  967. KB  485

基本情報

タイトル 東日本大震災以降の再生可能エネルギー政策に対する考察
タイトルの別表記 Consideration for the Renewable Energy Policy after the Great East Japan Earthquake
作成者 馬上, 丈司
作成者の別表記 マガミ, タケシ
MAGAMI, Takeshi
キーワード等 再生可能エネルギー
自然エネルギー
エネルギー政策
原子力
永続地帯
内容 東日本大震災と福島第一原子力発電所の原子力災害により、わが国のエネルギー政策は抜本的な見直しを迫られている。1973 年の第一次オイルショック以降、脱石油とエネルギー源の多様化を進める中で、エネルギー供給における原子力発電の依存率を高めてきた。近年は、核燃料サイクルによる準国産エネルギーとしての安定供給と、化石燃料代替による温室効果ガス排出削減を謳い、2030 年には電力供給の約50%を原子力発電で賄うという政策目標の下で、エネルギー政策が進められてきた。しかしながら、今回の災害により原子力に対する信頼性は消滅し、今後の導入拡大どころか運転中の原子炉が全停止することも現実味を帯びてきている。本論文では、今般の原子力災害がエネルギー政策に与える影響を検証するとともに、原子力発電及び化石燃料の再生可能エネルギーによる代替プランと、現行の再生可能エネルギー政策見直しの方向性を提示するものである。
ハンドルURL http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900075239/
フルテキストへのリンク http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900075239/2011no.23_76_97.pdf
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1883-4744
NCID AA12170670
掲載誌名 千葉大学人文社会科学研究
23
開始ページ 76
終了ページ 97
刊行年月 2011-09-30
著者版フラグ publisher
カテゴリ 千葉大学人文公共学研究論集