このアイテムのアクセス数:302019-09-16 03:27 集計


   

ファイル フォーマット サイズ ダウンロード回数 説明
2012no.249_7_14 pdf  646. KB  33

基本情報

タイトル 「社会とつながる教員養成」の可能性と課題-実践的な取り組みを概観して-
タイトルの別表記 Possibility and Problem of “Teacher Training Connected with Society"-A Survey of Practical Activities-
作成者 根岸, 千悠
作成者の別表記 NEGISHI, Chiharu
キーワード等 教員養成
産学官連携
大学生による授業づくり
越境
内容 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第249集「社会とつながる教員養成に関する実践的研究」藤川大祐編
"Practical Research on the Teacher Training Connected with Society" Report on Research Project No.249
今日、学校に求められるもの、教員に求められるものは非常に多様化している。教員養成系大学・学部では、学校だけでなく社会と積極的につながり、幅広い見識や視点を持った教員を養成することがより一層求められる。このような状況の中、本報告書の執筆者である教育学部学生らは、大学を基盤としつつも、学校を飛び越え、社会とつながる様々な取り組みをおこなっている。そこで本稿では、「社会とつながる教員養成」の各事例を「1.大学による授業科目の受講」、「2.学生による研究としての授業づくり」、「3.越境型の研究会への参加」の3つに分類した。そして「社会とつながる教員養成」の持つ可能性と課題を整理し、今後のあり方を検討した。
ハンドルURL https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116415/
フルテキストへのリンク https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116415/2012no.249_7_14.pdf
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1881-7165
掲載誌名 千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書
249
開始ページ 7
終了ページ 14
刊行年月 2012-02-28
著者版フラグ publisher