このアイテムのアクセス数:172019-09-16 03:42 集計


   

ファイル フォーマット サイズ ダウンロード回数 説明
2012no.249_15_23 pdf  520. KB  41

基本情報

タイトル 教員養成課程の学生を対象とした「学校広報支援プログラム」の開発-新聞記者と連携した取り組みについて-
タイトルの別表記 Development of “Program of Supporting School Public Relations"Announcement for Students in Teachers Courses-Classes Cooperate with Newspaper Reporters-
作成者 近藤, 麻紀子
キーワード等 教員養成
学校広報
メディア
情報発信
危機対応
内容 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第249集「社会とつながる教員養成に関する実践的研究」藤川大祐編
"Practical Research on the Teacher Training Connected with Society" Report on Research Project No.249
本研究は、教員養成課程に所属する大学生を対象に学校広報について考える授業プログラムを開発・実施し、実施後の質問紙を通じてその有効性を明らかにすることを目的とした研究である。本研究では学校広報の中でも特に「学校が積極的に情報を発信すること」と「学校が危機に陥った際の対応」について取り上げて論じる。これまでに、管理職研修で学校広報について扱う実践報告は多くあるものの、教員養成課程で学校広報について扱った実践報告は少ない。本研究で開発した授業プログラムは、2つである。1つ目は、日頃の情報発信の重要性を伝え、ポジティブなことを外部へ発信していく方法を紹介する「積極広報編」である。2つ目は、学校で事件・事故、不祥事が起きた場合にどのように対応すべきかについて考える「危機対応編」である。研究の結果、授業を通じて、学校広報に対する学生の意識の向上が見られたほか、学校広報について教員養成で扱うことの可能性が示唆された。
ハンドルURL https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116416/
フルテキストへのリンク https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116416/2012no.249_15_23.pdf
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1881-7165
掲載誌名 千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書
249
開始ページ 15
終了ページ 23
刊行年月 2012-02-28
著者版フラグ publisher