このアイテムのアクセス数:672019-09-16 03:29 集計


   

ファイル フォーマット サイズ ダウンロード回数 説明
2012no.249_37_44 pdf  657. KB  199

基本情報

タイトル 中学校における最適化問題を題材とした授業開発-「最長片道切符」を事例として-
タイトルの別表記 Development of Teaching about an Optimization Problem in Junior High School-On a Case Study of “The Longest One-way Ticket" -
作成者 太田, 貴之
小池, 翔太
作成者の別表記 KOIKE, Shota
キーワード等 授業づくり
情報工学
最適化問題
最長片道切符
選択数学
試行錯誤
内容 千葉大学大学院人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書第249集「社会とつながる教員養成に関する実践的研究」藤川大祐編
"Practical Research on the Teacher Training Connected with Society" Report on Research Project No.249
近年、コンピュータの処理能力の発達によって、情報工学は発展した。情報工学の一つに位置づけられる最適化問題は、巡回セールスマン問題やスポーツスケジューリング問題など、社会の諸問題を解決することに役立っている。中学生や高校生にとって、最適化問題が社会の諸問題に応用されていることを学習することは意義があると考えられる。そこで本研究では、最適化問題である「最長片道切符」を事例として取り上げ、中学生にタブレット端末(iPad2)を用いて問題などに取り組ませる授業プランを作成した。そして、その授業を中学校の選択数学「社会を読み解く数学」の中で実践し、その有効性と課題を明らかにした。その結果、本授業が生徒に情報工学の発展や最適化問題の社会での応用について興味を持たせたり、理解させたりすることに寄与したことが明らかになった。
ハンドルURL https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116418/
フルテキストへのリンク https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116418/2012no.249_37_44.pdf
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1881-7165
掲載誌名 千葉大学人文社会科学研究科研究プロジェクト報告書
249
開始ページ 37
終了ページ 44
刊行年月 2012-02-28
著者版フラグ publisher