このアイテムのアクセス数:1542020-07-05 18:57 集計


   

ファイル フォーマット サイズ ダウンロード回数 説明
2013no.27_192_204 pdf  1.5 MB  260

基本情報

タイトル 【研究ノート】セネガル共和国・セレール人のコスモロジーと死生観
タイトルの別表記 【RESEACH NOTE】The Cosmology and Thanatopsis of the Sereer-Noon People in Senegal
作成者 佐藤, 敦
作成者の別表記 SATO, Atsushi
キーワード等 コスモロジー
セネガル
セレール
死生観
通過儀礼
内容 文化人類学研究において、現地の人々と生活を共にすることで出くわす人生儀礼のひとつとして、葬儀がある。そして葬儀は人生における「通過儀礼」である。それは対象となる個人だけではなく、その個人が位置づけられている社会において一成員である以上、周辺の人々にも何らかの影響を及ぼし、儀礼の参加を促すことになる。 対象社会における死生観の研究は枚挙に暇がない。しかし近年アフリカ研究における死や葬儀が語られる機会が少ないように思える。理由の一つとして、アフリカは「開発援助のフィールド」の歴史が長かった。葬儀という伝統的儀礼は開発アプローチとは関係がない、むしろ開発の妨げになる「因習」として扱われてきたのである。 本論では筆者が2009年と2010年に実施した西アフリカ・セネガル共和国のセレール人(Sereer)村落でのフィールドワークによって得られた葬儀のデータや知見により、極力詳細に記述する。そのうえで、世界宗教の日常実践の中に埋め込まれた人生儀礼の役割とそれにかかわる人々のダイナミズムをあらわす。このことにより、調査者と対象者という関係にとどまらない、人間理解の姿勢の重要性を示すことを試みる。
ハンドルURL https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900117194/
フルテキストへのリンク https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900117194/2013no.27_192_204.pdf
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1883-4744
NCID AA12170670
掲載誌名 千葉大学人文社会科学研究
27
開始ページ 192
終了ページ 204
刊行年月 2013-09-30
著者版フラグ publisher
カテゴリ 千葉大学人文公共学研究論集