このアイテムのアクセス数:452019-01-23 06:09 集計


   

ファイル フォーマット サイズ 閲覧回数 説明
13482084_60_459 pdf  2.12 MB  113

基本情報

タイトル 本栖湖の水温・水質の季節変化と水収支
タイトルの別表記 Investigation of Seasonal change of Water temperature andWater quality and Water balance on Lake Motosu-ko
作成者 濱田, 浩美
勝又, 大樹
大八木, 英夫
作成者の別表記 HAMADA, Hiromi
KATSUMATA, Daiki
OYAGI, Hideo
キーワード等 水温
water temperature
水質
water quality
水収支
water balance
本栖湖
Lake Motosu-ko
富士五湖
Fuji five lakes
内容 本栖湖は,山梨県甲府市の南約22km,富士山の北西約17kmに位置し,864年に海(せのうみ)が青木ヶ原溶岩流によって堰き止められ,西湖・精進湖と分離して形成された堰止湖である。湖水面標高は900m,水深は富士五湖の中で最深の121mを有する。本研究では,年間を通して湖心において水温,主要イオン濃度の分析とpH4.8アルカリ度の測定を行った。これらの調査結果から,水温・水質の季節変化と水収支を明らかにした。
The Lake Motosu-ko is located about 22km south of Kofu-City, Yamanashi Prefecture, and about 17km northwestof Mt. Fuji. The lake was formed by the natural damming of lake Senoumi the Aokigahara lava flow that beganto flow by the eruption of the wealth volcano dammed uped. The altitude above the sea level is 900m, thedepth is 121m. In this study, I conducted through the year the periodical measurement of the plumb distributionof the heart of the lake, main ion density analysis and pH4.8alkalinity measurement. From these observation results,I clarified the seasonal change of the water temperature and the water balance of the Lake Motosu-ko.
ハンドルURL https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116225/
フルテキストへのリンク https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900116225/13482084_60_459.pdf
公開者 千葉大学教育学部
公開者の別表記 Chiba University. the Faculty of Education
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1348-2084
NCID AA11868267
掲載誌名 千葉大学教育学部研究紀要 = Bulletin of the Faculty of Education, Chiba University
60
開始ページ 459
終了ページ 468
刊行年月 2012-03
著者版フラグ publisher
カテゴリ 教育学部研究紀要