このアイテムのアクセス数:2982018-12-18 00:27 集計


   

ファイル フォーマット サイズ 閲覧回数 説明
18834744_29_41_56 pdf  1.03 MB  4,762

基本情報

タイトル 農山漁村再生可能エネルギー法とソーラーシェアリング型太陽光発電事業による国内農業活性化への展望
タイトルの別表記 Activation of Domestic Agriculture by New Agriculture-Related Laws and Solar Sharing PV plant
作成者 馬上, 丈司
作成者の別表記 MAGAMI, Takeshi
キーワード等 再生可能エネルギー
自然エネルギー
ソーラーシェアリング
農山漁村再生可能エネルギー法
固定価格買取制度
内容 2012年7月から導入された再生可能エネルギー電気の固定価格買取制度により、わが国の再生可能エネルギー発電事業が大きな盛り上がりを見せている。特に太陽光発電は従来主流であった住宅用のみならず、設備容量10kW以上の事業用や大規模太陽光発電所(メガソーラー)も大きな伸びを見せており、制度導入以前とは状況が一変している。発電事業への裾野が広がり、誰もが再生可能エネルギーを利用して発電事業者として参入できるようになったことで、わが国のエネルギーを巡る情勢は大きな転換期を迎えつつある。本研究は、制度導入から1 年半の間にわが国の再生可能エネルギー発電事業にどのような変化が訪れ、また課題として何が見えてきたのかについて、導入量の増加が著しかった太陽光発電事業を例に取り、今後の見通しを含めてその整理と分析を行うものである。
ハンドルURL http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900117987/
フルテキストへのリンク http://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/900117987/18834744_29_41_56.pdf
公開者 千葉大学大学院人文社会科学研究科
公開者の別表記 Graduate School of Humanities and Social Sciences
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 1883-4744
NCID AA12170670
掲載誌名 千葉大学人文社会科学研究
29
開始ページ 41
終了ページ 56
刊行年月 2014-09-30
著者版フラグ publisher
カテゴリ 千葉大学人文公共学研究論集