このアイテムのアクセス数:1632019-11-19 09:00 集計


   

ファイル フォーマット サイズ ダウンロード回数 説明
S24326291-3-P065 pdf  812. KB  105

基本情報

タイトル 村入りを促進し新旧住民の新たなつきあいを構築する民俗学的方策の覚書
タイトルの別表記 Memorandum of Ethnological Measures to promote entering the village and to establish new relationships between old and new residents
作成者 和田, 健  研究者リゾルバ
作成者ID 1000020292485
作成者の別表記 WADA, Ken  研究者リゾルバ
内容 [要旨] 本稿では地域振興施策として提唱される「二地域居住」や「移住」による新旧住民の関係を構築する民俗学的方法の可能性について検討したい。具体的には、転入する側(新住民)が、転入する場であるむら(村)における民俗慣行をどう捉えるべきかを検討する。また古くからそこに住む人たち(旧住民)が、今まで伝承してきたむらの運営を新住民にいかに理解してもらえるかについても考える。新住民にとって、旧来の民俗慣行で懸念となるのが、近隣のつきあいに関わる暗黙のルールである。特に草取りや水源の清掃などの共同作業を欠席する場合、どのような罰則(出不足金の金額など)があるのかなどは気になるといわれる。しかしそれぞれのむらで行われている罰則内容をデータとして考えるのではなく、そのむらの「村柄」を理解し有機的なつきあいの中でその意味を考えるべきである。村柄を理解する民俗学的方法の可能性について、千葉県鴨川市川代区を事例に若干の考察を試みたい。
ハンドルURL https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/105948/
フルテキストへのリンク https://opac.ll.chiba-u.jp/da/curator/105948/S24326291-3-P065.pdf
公開者 千葉大学国際教養学部
公開者の別表記 Chiba University. College of Liberal Arts and Science
NII資源タイプ 紀要論文
ISSN 24326291
NCID AA12777600
掲載誌名 千葉大学国際教養学研究 = Journal of Liberal Arts and Sciences, Chiba University
3
開始ページ 65
終了ページ 79
刊行年月 2019-03-31
selfDOI 10.20776/S24326291-3-P65
著者版フラグ publisher
カテゴリ 千葉大学国際教養学研究 (ONLINE ISSN 2432-6291)